遊泳する言葉

Archive Page

紙ふうせん

それは美しい願いごとなのだろうか草の目をひらき風の声にさそわれてその日あなたの手をはなれぼくの手をはなれひとつになって昇っていった大きすぎる紙のねがいふたたび空の夢をいっぱい吸い込んでふたりの掌のなかに下りてくるだろうか...

都市を動かすものは何なのだろうか

住民投票の前日、いつものように大阪なんば駅前に橋下市長が立った。都構想反対の凄まじい勢いを押し返そうとするように、大勢の聴衆に向かって熱く訴えた。「さあ皆さん、明日どうなるかですよ。ぼくは、納税者をなめた、役所や議会、いろんな各種団体、業界団体、既得権といわれている人たち、納税者をなめたら、全部潰されるよってことを、明日示したいと思いますね。汗水ながして働いて、納税をして、そのお金が天下り団体や職...

大阪は変わるだろうか

日曜日、ニコニコ動画のふたつの画面を交互に観る。一方の画面は、広場に集まった群衆を映している。さまざまなプラカードが立ち、反対反対とシュプレヒコールが繰り返されている。大阪を無くすな、市民の暮らしを壊すな、と叫んでいる。これだけ多くの熱気はどこから生まれてくるのだろうか。狂気すら含んでいるように感じてしまう。もう一方の画面では、公園の側に止められた街宣車の上から、橋下市長がひとりで都構想について熱...

おおさか五月戦争

豊臣と徳川が戦った大坂夏の陣から400年。そして今また、大阪市中では激しい戦いが行われている。現代では武器をもって殺しあうことはない。だが、さまざまな言葉の武器が飛び交っている。無数に飛び交う流言飛語。嘘と真実が入り乱れて騒然としている。その中で住民は、正しい判断を迫られている。大阪はこのままでは衰退する。多くの大阪人はそう思っている。それなのにあえて変化を求めない。変えようとする、変わろうとする...