遊泳する言葉

Archive Page

新しい朝は新しい匂いがする

新聞僕たちは退屈なので仲間が集まると新聞をよむ四角くて大きな新聞紙のまわりを楽しいゲームをするようにとりかこむそれは本当に新聞だろうか誰かがそれは新聞だと言っただからそれは新聞なのだ新聞の文字は小さくてかたいまいにち新しいフォントが作られるから知らない言葉や記号がたくさんある新しい国が生まれ新しい街の名前が作られ新しい顔写真と古い顔写真がさしかえられ僕たちは混乱する水たまりのように暗いニュースを跳...

村の話をしよう

大阪府には、村がひとつだけある。千早赤阪村である。「一冊の絵本のような村」というのが、村のキャッチフレーズである。絵本の古いページを開くと、鎌倉幕府から「悪党」と呼ばれた楠正成が現れる。今から700年ほども遡らなければならない。後醍醐天皇の倒幕計画に加担、後醍醐天皇が隠岐島に流罪となってからも、河内国の千早城に籠城して、独特のゲリラ戦法で幕府の大軍と戦った。大阪府内で一番高い山とされる金剛山の山懐...

大阪秋の陣がはじまった

御堂筋のイチョウ並木が黄色く染まる季節、大阪では国政政党「おおさか維新の会」が発足した。「時代の変革は地方から始まる」という作家の堺屋太一氏は、その結党大会で、これは歴史的事件だと挨拶して、会場を熱い空気で満たした。「まず政治の改革は、最初はもの珍しくて、新しもの好きが集まって始まります。そして二番目には政治的な投機家、これはうまくいくかもしれないというやつが集まる。これが2回目のブームであります...