遊泳する言葉

Archive Page

始まりを告げるものは

   つばさ小さな穴を掘って小さな埋葬をした小さなかなしみに小さな花を供えた小鳥には翼があるから虫のようには眠れないだろう空を忘れてしまうまで土のなかで長い長い夢をみるだろうひとには翼がないから夢の中でしか空を飛べないつらい目覚めのあとでゆっくり手足をとりもどしてひとはひとになるあかるい朝もくらい朝もあらたな始まりを告げるのは小さな空の羽ばたきだ*  トンボの空水よりもにがく風よりも酸っぱい翅のさ...

わたしのゲネシス(Genesis)

I.初めに言葉はなく終りにも言葉はなく始まりもなく終りもない夢のあとに唐突に光のカーテンがひらきました恍惚と不安とそこにはあなたが立っていたのですII.あなたの掌とわたしの掌をあわせましたひんやりと熱いものわたしのものではないもうひとつのそれはあなたのものわたしの欠片ですらないあなたの奥にかくされていたものやっと見つけたもうひとつのものでしたIII.あなたは風のようでしたあなたが風ならばわたしも風になり...

きみの空も灰色のクレヨン

  山口くんの木山口くんが木になったあれは小学生の頃だった木にも命があると彼は言った山口くんの木はどんどん空に伸びて校庭のイチョウの木よりも高くなったあれから彼に会っていない晴れた日も雨の日もイチョウの葉っぱはいつも山口くんの手の平の日なたのようだ*  サインはふたつだけ前田くんはピッチャーでぼくはキャッチャーサインはストレートとカーブしかなかったけれどあの小学校も中学校もいまはもうない前田くんは...

河童の話もあったけれど

  河童久しぶりに親父に会った釣ったばかりの岩魚をぶらさげて山道を下りてくるいつかの夢の河童に似ていた秋になると川から山へ帰ってゆく河童を村人はセコと呼んだそうだ親父とはあまり話をしたことがない河童のことも俺にはよくわからないのだった親父は俺よりも2センチ背が高い肩幅も広いし脚も長い草の匂いと水の匂いがしたきっと人間の臭いも親父のほうが濃いおふくろは河童を嫌っていた親父は河童に毛まで抜かれてしまっ...