遊泳する言葉

Article Page

飾る言葉も 洒落もない

ある歌の一節が頭から離れない。

   絵もない 花もない 歌もない
   飾る言葉も 洒落もない

そんな居酒屋で、たまたま横にすわった男と女。女の冷たいセリフがいい。
いまでは、そんな居酒屋はもうない、どこにもない、でしょうね。

場違いな油絵が壁にかかっていたりする。花は年中溢れていて、蕾のまま咲かない花もある。
カラオケのモニターとマイク、歌はつぎつぎと流れて尽きない。
テレビも雑誌も飾り立てた言葉だらけ、駄洒落だらけ。
ポテトのチーズ焼きからサンマの塩焼きまでずらり。
最近の居酒屋メニューです。

   別に気にすることはない
   あなたさっさと帰ってよ

(検索サイトで調べてみたら、この歌は『居酒屋』という歌で、作詞は阿久悠でした。)




スポンサーサイト
Category: ことば
Published on: Sun,  06 2005 11:48
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

-  

花は女性のことかなと思いました。絵は男性か他の客か。で、歌は周りの騒音、他のお客さんの話し声。飾る言葉がないのは褒めてくれる人がいないってことではないかと。違うかな。

2016/11/25 (Fri) 12:11 | REPLY |   

yo-yo  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
10年前に書いた記事なので、当時の執筆動機などもはっきりしませんが、当時の感覚や気分がこの歌に共感したんでしょうね。
お陰で懐かしく読み返すことができました。

2016/11/26 (Sat) 11:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment