遊泳する言葉

Article Page

フランスへ行きたしと思へども

フランスへ行きたしと


五月の朝のしののめ、うら若草の燃えいづる心まかせに……
そんな詩の書き出しを思い出すような、明るくてまばゆい朝。
晴れわたった青空の光を吸収するように、高い木のてっぺんで白い花が咲いている。
ニセアカシアの花だ。花は天空からふんだんに香りを降りそそぎ、5月の風を甘くしている。

その花の名前をはじめて知った頃に、このブログに次のような文章を書いたことがある。
「須賀敦子の本を読んでいたら、イタリアの風景の中にニセアカシアの名前が出てきました。この樹はむしろ、地中海の風と太陽に合っているかもしれない。
須賀敦子はイタリア人と結婚し、日本文学の翻訳などをしながら、長くミラノで暮らした人です。
小さな家と小さな庭、狭い生活の空間を家族が取り合ったり譲り合ったりして暮らしている。そんなイタリアの鉄道員やその家族の下層の生活が、愛情のこもった美しい文章で書かれています。」

須賀敦子の文章に惹かれて、彼女のいろいろな小説や随筆などを読んでいた頃だ。イタリアでも同じ花が咲いていることを知った。
空を覆うように咲いているこの花は、むしろイタリアの明るい風景にマッチしているかもしれないと思ったものだった。
あれから、この花を見るたびにイタリアの風景を思い浮かべてしまう。とはいっても、行ったこともないイタリアだから、想像の風景にすぎないのだけれど。
それと、古いイタリア映画の映像も背景にある。あらすじも忘れてしまったが、鉄道員の暗い生活が須賀敦子の鉄道員とダブっていたのかもしれない。

『鉄道員』『道』『めばえ』『刑事』など、いろんなイタリア映画をみた。どれも明るさと暗さがあった。
チャオとアルデベルチという二つのイタリア語を覚えた。人々はチャオと言って出会い、アルデベルチと言って別れた。出会いは軽く、別れは重かった。チャオはコンニチワよりも親しくて近づきやすく、アルデベルチはサヨナラよりもねばっこくて離れ難さがあった。
ぼくのイタリアは、チャオとアルデベルチの世界だったといえる。

このブログのタイトルは、フランスではなくイタリアとすべきだったかな。イタリアへ行きたしと思えども、イタリアはあまりにも遠し……、と。
『太陽がいっぱい』はイタリア映画だったか、フランス映画だったか忘れたけれど、ぼくの認識では、イタリアもフランスもその国境は曖昧である。
イタリアは地中海にどっぷりと足を伸ばし、フランスは波打ち際でちゃぷちゃぷと手を浸している。どちらも地中海に触れていることに違いはない。
でもフランス語のボンジョルノはチャオよりも重くて、アデューはアルデベルチよりもすこし軽いような気がする。

ニセアカシアの明るい花には、チャオという出会いの言葉が合っている。地中海色の空に向かって、白い花がチャオチャオと叫んでいるみたいだ。
萩原朔太郎の詩は、次のようにつづいている。

せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト
Category: 詩人たち
Published on: Mon,  12 2014 09:58
  • Comment: 2
  • Trackback: 1

2 Comments

記念 座一  

フランスもイタリアも

yo-yoさん、こんばんは!
今回の読み物を見て、ふと2006年の同じ時期を見ると、私はその頃イタリアに行ってチャオチャオ言っていました。

姉が突然、「フィレンツェで結婚式を挙げるんだ!」と言いだして、両方の親族が行く予定でしたが、ドタキャンで姉夫婦が行けなくなり、
主役の二人不在でも、もったいないから行っとく??みたいな感じで、うちの母と私、義理兄の両親と妹さん、というへんてこりんな5人組で、
道中は苦行のような旅行でしたが、思い出すと楽しかったことがあれこれとあります。

カプリ島で食べたラビオリのミートソースが美味だったなぁとか、名物のレモンのリキュールは酸っぱ過ぎたとか、ミラノで食べたイカ墨の
パスタは、味が薄くてまずかったなぁとか、意外にも5日目ぐらいに行ったツアーガイドさんおすすめの中華料理屋さんが美味しくて食べ過ぎたりと、
食いもんばっかやんと大阪人のyo-yoさんに突っ込まれそうですが、ひたすら生きて帰るために食べてました。

私はずっとビデオばかり撮っていたのですが、ツアー客の皆さんにカメラ向けて美味しいですか?とか言っていたら、最終日の最後の晩餐で、
すごくみんな仲良しになって、ワインが美味しくてとても楽しかったんですよ。

そんな色気より食い気の私だったので、甘い風はどこ吹く風でした(苦
なんて思いつつ、その頃の読み物を読み返していたら、『フランスいきたしと思えども』とあって、昔からyo-yoさんの憧れの土地だったのですね。
私のもっとも敬愛する詩人、アルチュールランボーの影響で、私もずっとフランスに行きたいと思っていました。
なので新婚旅行にフランスに行く予定でしたが、やはり姉妹だからか私もキャンセルしてしまいました。
私にとってもフランスは遠いです。
ボンジョルノは容易く言えても、ボンジュールは言い難し。。
アデューは恋人同士の別れの言葉だと聞いたことがあります。だから私にはその言葉がほろ苦かったりします。
でもそう考えると日本語の「さようなら」は、なんか突き放すような、二度と会えない別れのような感じがしてしまいます。
だからいつかのイタリアの風に吹かれていた私のコメントのしめくくりとしては、アルデべルチで「またね」がいいです。

2014/05/18 (Sun) 08:50 | REPLY |   

yo-yo  

Re: チャオチャオ!

ボンジュール ザイチさん♪

フランスもイタリアも、ぼくにとっては地球よりも遠い気がする。
夜空にかがやく星ぼしのひとつだったりする。
ワインと中華料理が美味しかったという、ザイチさんのイタリアは忘れられない国のひとつなんだろうね。そういえば、チャオとニイハオは似ているかもしれない。

フランス語の“ジュテーム(Je t'aime)”(あなたが好き)を、いつか使いたかったなあと、なぜか星を眺めながら思う。
御茶ノ水にアテネ・フランセというフランス語の学校があって、フランス人の美人の先生がいたけどね。ぼくがフランスに憧れた原点だったかもしれない。
そんな記憶をアレンジして、だいぶ以前に詩を書いたこともある。そのときの拙い詩に、ここでもういちど付き合ってくれるかな。

   アテネ・フランセの
   フランス人のフランス語の先生に
   彼は恋をしました
   ジュ・テーム あなたが好きです
   彼のフランス語が通じません
   日本語も通じません
   ミラボー橋の下を
   セーヌ川は流れるそうです
   恋も流れるそうです
   ジュ・テーム あなたが好きです
   川はぼくの苦しみに似ている
   中央線御茶ノ水駅の下を
   流れているのは
   神田川です

いつかはフランス、などと思っていたけれど、フランスは星のままで、ついに届かないままで終わりそう。
青春ってそんなものかもしれないね。夢のまた夢だったね。あっという間に散ってしまった、ニセアカシアの花みたいだ。白い花はいまは、スイカズラにバトンタッチして甘い香りを運んでくれてるけどね。
おまけに、ザイチさんのあたりからは、超あま~い風が流れてくるし、風薫る5月は悩ましいよ。
では、チャオチャオ! アルデベルチ~☆
いや、シーユーアゲイン(See you again)かな……v-397

2014/05/19 (Mon) 20:22 | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『子育て卒業式』
  • 今日は 母の日 メッセージカードに いつも書いていた言葉 “世界で一番 お母さんが大好き” おさな文字は いつの間にか 仕事の明朝体に代わり 白いドレスを脱いでからは キッチンが活動場所に お母さんのモンチッチだった 私のしっぽは 今 別の人にからまり付いている ごめんね お母さんは2番なの 2番目に好き 1番は だんなさんなの ごめん あやまる...
  • 2014.05.18 (Sun) 10:54 | 光よ届け ~心の傷、再生のために~