遊泳する言葉

Article Page

白い線路が続いている

白い線路が続いている


白いチョークで
2本の平行線を引きながら
少年の線路は延びていく
始発駅は細い路地のどんづまり
そこには
大きな猫がいた

線路をたどると
記憶の始まりに行きつく
駅と駅を正確につないでいくように
単調な遊びをくりかえす
少年は電車になりたかった

2本の線を引きつづける
手にもったチョークが鉛筆にかわり
鉛筆がマジックペンにかわり
マジックペンがマウスにかわっても
どこまでも線路は延びていく

夢の中から夢のそとへ
景色の中から景色のそとへ
少年の中から少年のそとへ
運んでゆき運ばれてゆく
背中を押す手は
白い線路をつなぐ白い手だった

その先にはいつも
もうひとつの駅があった
長い旅の途上で待っているのは
もうひとつの電車と
どんづまりの古い路地の
白い猫だった



ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
Category: 自作詩
Published on: Fri,  29 2016 07:31
  • Comment: 2
  • Trackback: 1

2 Comments

ザイチ  

お猫様

今回の詩はなんか一気に幼年期に戻されるような、懐かしさがあふれていました。
yo-yoさん覚えておいでかな。私が描いた長編小説の中に、お猫様と称される、白いふてぶてしい猫が出てきます。どんずまりにどっしりとふて寝している様子が、重なって想像力が掻き立てられました。
チョークが鉛筆に代わり、キーボードに代わっても、夢がかなって次のステップへ行く時も、白い猫はそこに居続けて、人生の原風景をかたどっている。
忘れられない光景だと思います。

そうそう、yo-yoさんに吉報!とうとうヨーヨーおじさんが登場しました。ほっぺちゃんの恋敵?
何にせよ、寛大なお心をで受け止めてください(汗
何せいつもぶっ飛んでいるほっぺちゃんの世界観ですので。。でも申年頑張ってますよ。書こうと思えば書けることに気付いたので、またアイデアとかを見つけにこちらにもちょくちょく遊びに来ますので、しくよろな感じで(^^)/!

ほっぺちゃん日記 ~ばばあの初恋~

http://blog.goo.ne.jp/zaichi7722

2016/01/30 (Sat) 01:11 | EDIT | REPLY |   

yo-yo  

Re: お猫様に会えた!

やっぱり、ネコ屋敷のお猫様だったのかな。
最近ぼくのまわりをうろついてて離れようとしなかったんだ。
ついには古い路地まで連れていかれてしまった。でもそこには、少年の頃にみたような懐かしい風景があった。ザイチさんがいう原風景なのかな。
白い線路と白い猫がいる風景は、創作の旅の始発駅でもあり通過駅でもあるのかもしれない。

窓外には、森があったり海があったりする。
ザイチさんの森をしばしば逍遥したり、ザイチさんがぼくの海まで遊泳してくれたり、お互いの長い交流のあいだに、いつのまにか互いの創作の垣根も取り払われていたのだろうか。
ヨーヨーおじさんがばばあとの再会を果せたり、お猫様がぼくの記憶の路地に忍び込んできたりする。そうやって、イマジネーションの領域がますます広がっていく。ここから新しい境地が拓けたらいいね。

ヨーヨーおじさんに負けないよう、ダンベル頑張ろうっとv-220

2016/02/03 (Wed) 14:32 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ばばあの初恋💛
  • 2016年 1月30日 寒い雨の日 ヨーヨーおじさんは何でもできる。走り高跳びひとっとび。スピードスケートシューズも履けるし、皿洗いもできる。もちろんヨーヨーもけん玉もちょっとぐらいならできる。 何よりも驚くべきことは、ばばあの中学の時の、初恋の相手...
  • 2016.01.30 (Sat) 01:08 | ほっぺちゃん日記