遊泳する言葉

Article Page

わたしのゲネシス(Genesis)

わたしのゲネシス


I.

初めに言葉はなく
終りにも言葉はなく
始まりもなく終りもない
夢のあとに唐突に
光のカーテンがひらきました
恍惚と不安と
そこには
あなたが立っていたのです


II.

あなたの掌と
わたしの掌をあわせました
ひんやりと熱いもの
わたしのものではないもうひとつの
それはあなたのもの
わたしの欠片ですらない
あなたの奥にかくされていたもの
やっと見つけた
もうひとつのものでした


III.

あなたは風のようでした
あなたが風ならば
わたしも風になります
言葉を忘れてしまったとき
あなたの耳へおくるのは
わたしの風の息
みじかい息やながい息を
あなたへおくります
失った言葉が
わたしの中でよみがえる
そのとき息を忘れて
わたしもきっと風になれる


IV.

くちびるからくちびるへ
かぜのさきにかぜのさきがふれる
ぬれていてすこしつめたい
かぜのまわりのかぜはあつい
ふたつのかぜはひとつになろうとして
からまったりからまれたり
うらがえしたりうらがえったり
まじりあって
かぜはふうじこまれる
まわりはなにもみえなくなって
みえないものがすべてになって
わたしのいきがあなたのいきをすう
ひとつになったいきをはく
いきはすこしずつあつくなる
いきはすこしずつうすくなる
すこしだけくるしい
すこしだけしにそうになる
やみをかきわける
やさしいあなたのゆびの
ゆくえのなかにわたしはまよう
ながれだすあなたの
あついちのしずくとなって
あなたのといきの
ねつのさきに
おぼれる


V.

未知のひと
指のさきのあなた
熱い血の流れのなかを泳ぎ
激しく波をたてるから
渦まきになって
わたしを吸いこむ
奥ふかくわたしのなかへ
入ってくるあなた
ひとつになろうとして
ひとつのものに届こうとして
包みこんだままで
包みこまれたままで
流れに耐えようとするあなたの
終りのときに
すべてのとびらを開いて
始まりをむかえる
闇のなかに光がうまれ
あなたの光はしだいにふくらみ
わたしの光もさらにふくらみ
ひとつの大きな光となって
ついにはじける
もっと光を




ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
Category: 新詩集
Published on: Sun,  20 2016 07:43
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

さら  

こんにちは
yo-yoさんの 暖かくて豊かな言葉にふれて
つい何度もおじゃましてしまいました。
このところ気持ちが弱っている私には とても沁みる詩でした。
ありがとうございます

そんな弱い私でもいいんだ
という思いが生まれたせいなのか
珍しく もう一つ書くことができました

2016/11/22 (Tue) 13:58 | REPLY |   

yo-yo  

Re: タイトルなし

さらさん
すこしは元気になりましたか。
あなたが弱っていたら淋しいです。
ぼくのブログに拍手をくれるのも、あなたしかいないのですから。

新しいカメラには慣れましたか?
すてきな写真もどんどんアップしてください。
北の国から、うっすら雪をかぶった赤や黄色の落葉とか…
待ってますよ!

2016/11/22 (Tue) 18:31 | EDIT | REPLY |   

Post a comment